CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
PR
CATEGORIES
ARCHIVES
読書状況
葉力さんの読書メーター 葉力の最近読んだ本 葉力の今読んでる本
MOBILE
qrcode
リップクリームとコメントレス
0
    友子さんコメントありがとうございます!

    私はコメントレスをすると言いながらまた自分の話をするのが好きなので、昔からこのように記事の形でお返事してます!誰が読んでもそこそこ見れるくらいのコメントレス目指してます!

    友子さんがブログを読み返してくださったということなので、私も読み返してみました。死ぬほど恥ずかしかったです。Y氏の話しすぎだし、書いてる内容も書いた本人が「は????」と言いたくなるような内容で、バカみたいでした。みなさんよくこんなの読み続けてきましたね……本当優しい人たちなんだなぁと感慨深いです。


    閑話休題、リップクリーム買いすぎ問題ですが、みなさんリップクリームをたくさん手に入れたと言うといつも「カバンとか引き出しとかあちこち置いといたら便利ですからね〜〜」って言ってくださるんですが、私の場合それができない。なぜか一箇所に全部集まっていく。そしてただたくさんあって邪魔で、便利さは享受できない。なんで??
    リップクリームは群れをなす生物なのでしょうか……はたまた私が元の場所に戻さないだらしない生物なのでしょうか……
    Check
    | 告知 | comments(0) | - | -
    夏の終わり
    0
      夏が終わっていく気配がする。

      そもそも会社の中にずっといるので外の気温がわからないまま季節が移ろっていくのだけれど、それでも朝晩の涼しさで夏の終わりを感じる。


      はてなブログが使いやすいのがわかったので、そろそろ本気であっちがメインになっていくと思います。今月くらいは両方チラチラと書いて、こちらがフェードアウトしていくような形で引っ越します。過去記事の移し方がわからんので、捨てていく形にはなるのかな……
      Check
      | 独言 | comments(0) | - | -
      リップクリーム
      0
        出来るだけ衝動買いはしないように気をつけて、節約していきたいと思っているのですが、リップクリームだけすぐに買ってしまいます。

        使い切っていないリップクリームがどれだけあることか……そして少し古くなると「やっぱり口の中に多少なりとも入ってくるものだしな……」と思うと、古いものを使う気が起きなくなって、また新しいものを開封してしまう。リップクリームを使い切った記憶など、中学生の頃が最後ですよ。あの頃は親に買ってもらわなきゃいけなかったから、頻度が高いとすぐにばれていた。

        今は財布の紐はリップクリームに向かって緩んでいるようです。
        Check
        | 買物 | comments(1) | - | -
        研がねば
        0
          切れ味の悪くなった包丁は、指に限ってよく切れる。絆創膏に血が滲むのは久しぶりだ。
          調理をする気が無くなって、切った野菜をそのまま食んだ。血はすぐに止まった。
          Check
          | 日常 | comments(0) | - | -
          【修正】アプリが最新のOSに対応してこない
          0
            ジュゲムのアプリがめちゃくちゃ使いにくいのではてなに移ろうかと考えています。
            というかもう作りました。数記事、練習がてら更新しています。


            はてな版フルオレMIX
            追記 リンク失敗していました……直しました
            本格的に引越ししたらまた正式に告知しますが、おそらくアプリの使いやすさからして向こうの方が圧倒的に更新頻度が高くなりそうです。

            見やすさはどうでしょう。ご意見お聞かせ願えれば幸いです。
            Check
            | 日常 | comments(0) | - | -
            家の中でモテてどうする。
            0
              自他共に認める引きこもりの友人が、「モテるフェロモン香水を購入した」と話していました。引きこもりにフェロモン。なんだか、ことわざみたい。

              結婚したいしたいと言い続けている独り身の彼女にはまず外に出て欲しいなと思います。本人にそう言ったら、「ヤダ」と言われましたけれど。
              Check
              | 日常 | comments(0) | - | -
              秋が来た。
              0
                ちょっと待ってください。急に寒くなりすぎではありませんか。特に夜。9月だからってこんなに急いで寒くならなくてもいいのでは。慌てて、春秋用のパジャマを引っ張り出しました。

                布団はもちろん被って寝ます。この布団はもう10年近く使っているので、羽が出て行きっぱなし。安い布団なので羽毛ではなく、「羽」布団なのです。鳥の羽って根元の部分がしっかりとした棒のような形でしょう。その部分が布団の布を突き破り、羽が出てくるのです。そして、だんだん薄い掛け布団へ……今、ちょうどいい厚みです。うそだろ。今年こそは買い換える……
                Check
                | 日常 | comments(0) | - | -
                最後の日。
                0
                  何歳になっても、8月31日はそわそわとします。何かが終わる感じがすごく強い。夏休みの印象はそれほど強いのでしょう。Twitterで同じことを言ってる人を山ほど見た。


                  新しく入社した方と2人でご飯へ行きました。どこに行くか散々迷って、結局ガストへ行きました。
                  ドリンクバーはいつも混ぜてしまう。
                  Check
                  | 日常 | comments(0) | - | -
                  2016年8月30日
                  0
                    年齢を言って「えー、見えない」と言われて心なし喜んでいたのだけれど、もうこの歳になってしかも社会人でそれを言われるということは「幼い」ということではと気づいた。

                    大人っぽいと言われて喜ぶ歳でもないけれどせめて年相応になりたい。子供っぽいのが可愛くて良しとされると思っていたら、このままイタい大人になっていくしかない。
                    Check
                    | 独言 | comments(0) | - | -
                    遺ってた。
                    0
                      グーグルストリートビューで家の近所を見ていたら、実家のベランダにお母さんが干した洗濯物が映っていて、あぁ、この時お母さんは生きていたんだなと思ったらちょっと泣けました。


                      連写する勢いでスクリーンショットを撮りました。更新されたら消えちゃう。

                      一階で使ってる布団が二階のベランダに干されてて、多分いろいろ持病でしんどかっただろうに持って上がって干したのかなと思うと泣けます。

                      お父さんが持って上がった可能性も微妙にありますけどね。でも洗濯物は間違いなくお母さんだ。干し方がお母さん。

                      お母さんのこと、めっちゃ大好きではなかったんですよ。どっちかというとめんどくさいなと思ってた。だけどいなくなったらこんなに寂しいとは、お母さん大好きな人はよく生きてられるなってレベルで寂しいです。電話がかかってこないのにはそろそろ慣れました。


                      ちょっとマザコンかな?って思ってた知人が、お母さんを急な病気で亡くされて、ペンダントにお母さんの遺骨(遺灰かもしれない)を入れて持ってたのを思い出した。
                      えっ、遺骨を?とその時は思ったけど、あんなに大好きなお母さんを急に失ったらしょうがないよね、と思います。なによりそのペンダントは葬儀屋さんから買ったそうなので、需要があるんでしょうね。

                      わたしは遺骨はおろか遺品も特に大切にはしてないんだけど、それでもお母さんの好きそうな匂いの御線香を見つけて、それを焚いてニコニコしています。

                      Check
                      Check
                      | 独言 | comments(0) | - | -
                      | 1/96PAGES | >>