CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
CATEGORIES
ARCHIVES
読書状況
葉力さんの読書メーター 葉力の最近読んだ本 葉力の今読んでる本
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | -
    はまったきっかけ、聞いてください。
    0

      アニメ『氷菓』。

      中村さんフィーバーが
      始まったきっかけがこちらです。

      この原作の古典部シリーズが
      もともと好き。
      でもそこにキャラ萌え
      もとい作中いわくの「印象派」ではなくて
      「理性派」、つまりストーリー重視でした。


      アニメ見てキャラが大好きになってしまった・・・・・・
      古典部のメンツはキャラが濃いし、
      高校生が使うには難しい会話に見えて
      リアルに想像しにくかったのですが
      台詞はほぼまんま原作どおりなのに
      アニメではちゃんと
      「あー、なんだかんだで普通の高校生だ」
      「あーこういう会話するするー」
      という印象になってて
      ・・・・・・声優さんすごい。

      自分が想像できないからって
      「あの古典部を再現するのは無理だよ」
      なんて決め付けていた自分が
      恥ずかしくなりました。
      役者さんって、
      やっぱり凡人とは違うんですね。

      一番、衝撃だったのは
      中村悠一さん演じる折木奉太郎です。
      奉太郎が一番高校生っぽくない、
      (いい意味で)
      と原作では感じていたのですが
      アニメでは、
      ちゃんと普通の
      男子高校生になっていました。

      ちゃんと普通に、
      「自由奔放なお姉ちゃん」に負けてた。
      ちゃんと普通に、
      「お嬢様の好奇心」に振り回されてた。


      奉太郎は
      「やらなくていいことはやらない。
       やるべきことなら手短に」を
      モットーにしているので
      やらないと判断したことにはやる気がない。
      でもたぶん、何をするのにも
      「ダリィー」ってなってるタイプの
      キャラではないことは想像出来ていました。
      だってダリィダリィってなっているのが
      一番、効率悪いですからね。
      「やるべきことなら手短に」に反しています。

      でもそれを声で表現するなら
      やる気がない=声に覇気がない
      ってなってしまうんじゃないか?
      でも覇気がないのも違うんだけどなぁ
      なんて勝手に想像して
      誰にも演じられないだろーと思っていました。

      そこを!
      中村さんが見事に演じてくださったのですよ!
      覇気がないわけではない、
      でも省エネしてるって声を!!
      あぁ、うまく説明できない!

      それでも
      「もともとこういう声の人なのかな?」
      と思っていたら

      ラジオで全然声が違ってた。
      脳みそがぎゅんっとなった。
      理解できなくて、ぎゅんっ。

      役者さん、さらに声だけで演じる
      声優さんってすごいなぁ、
      中村さんすごいなぁと思ったのが
      ここからなのでした。


      本当は中村さんが出てる作品について
      いろいろ感想だとか
      見てみたいなーとか書こうとしていたのですが
      長くなりすぎたので
      また別の機会にいたします。

      とりあえず
      ほうたろーかわいいよ、ほうたろー。

      そういえば
      原作の『氷菓』や『愚者のエンドロール』を
      読んでいたときは奉太郎と同い年だったのに
      気づいたら抜いたよ奉太郎。

      Check
      | 声優 | comments(0) | - | -
      【声優】おろおろする。
      0
        中村さんが大体杉田さんにSなこといって
        杉田さんはそれを喜んでいるという構図は
        もはや一般的すぎるほどのものですが。

        たまに杉田さんがノッてきて
        「なにしてんだ中村ー!」
        とか、強い口調で言ったりする。
        それを普段の中村さんは
        さらりと無視するんだけど
        ときどき
        「あ、ごめんなさい」
        とシュンとしたりする。
        わざとなのか本当なのか。
        多分ノリ。

        しかしそれ自体よりも、
        そんな反応を受けた杉田さんが
        「どっどうしたんだよなかむら、
         おまえ、おまえ……」
        と明らかに動揺するのが面白い。


        杉田さんは、素直すぎるんです。
        かわいい。

        中村悠一さんを追っていたはずが
        いつの間にか杉田智和さんに
        めろめろにされるのは

        BUMP初心者が藤原さんかっこいい
        といって、
        熟練してくると升さんの良さを語り出すのに似ている。

        どっちも初見よりある程度
        知ってからのほうが
        いいキャラしてるなって
        実感できるなのよね。


        Check
        | 声優 | comments(0) | - | -
        好きなもの増えた。
        0

           最近の私のできごと。

          声優さんにハマり直しました。
          昔、それこそ10年くらい前に
          声優さん大好き人間だったのですが
          いつの間にか離れていて。

          今回、『氷菓』のアニメを見てしまったばっかりに
          声優さんにはまりなおしました。
          原作が好きだから、ちょっと気軽にみーてみよー
          って思ったのが間違いだったかしら。


          『氷菓』に出ている方はみんな
          気に入ってしまったのですが一番なのは中村悠一さん。
          ガンダム00のグラハム・エイカーとか、
          マクロスFのアルトとかデュラララ!の門田京平
          というと伝わりやすいようですよ。
          私はこのどれもまだ見ていないのでどんなのか知らない。


          その流れて杉田智和という人も知ってしまいました。

          二人は仲良し!

          中村さんは「僕はあくまで他の人と同じ距離のつもりです」
          とかつれないことを言っているけど、
          杉田さんはことあるごとに
          「中村がねー」「中村とさー」って話す。
          下手したら「僕の恋人の中村がさ」とか言う。
          そんなつれないこと言っている中村さんも
          なんだかんだで杉田さんの話題をラジオで出す。
          お互いのラジオには
          「今週の中村(or 杉田さん)」というコーナーが登場しちゃう。


          仲良きことは美しき哉。


          というか、私はたぶん、BUMPのことといい、
          仲良しの男性を見ているのがすきみたいだ。
          しかしそこに同性愛は必要ない、
          むしろ不要なので勘違いしないでほしい!
          ラブはいらないのだよ、ライクだライク。
          ホモをネタにしているくらいの関係性が好みだ。
          (ネタにするってことはガチではないってこと。)


          他の声優さんによく
          「君たちはベッドを共にしたの?」だとか
          「好きなんでしょ?」とかいじられてるのがいい。
          そしてその反応の違いが、またいい。
          中村さんは割りと冷静に
          「誰ですかそれは」
          「携帯のアドレスには『杉田』という人はいません」
          とか返す。冷たい。そういう照れ隠し。

          杉田さんは
          「 男同士ですよ、気持ち悪いでしょ!!
           そんなわけない!!なにいってんだ!」
          と必死になる。
          疑われるのは自分が中村中村言い過ぎだからでしょ、
          って思いつつもその素直さに感動すら覚える。
          たぶん、絶対、いい人だこの人。


          そんなわけで今後ブログに
          ちょこちょここの人たちの話を、
          テンション高く書いていくかもしれないです。
          だって好きなんだもん。

          Check
          | 声優 | comments(0) | - | -
          | 1/1PAGES |