CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
CATEGORIES
ARCHIVES
読書状況
葉力さんの読書メーター 葉力の最近読んだ本 葉力の今読んでる本
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | -
    もう9月なんて聞いていないよ。
    0
      気づいたらまたこんなに時間があいてしまった。

      元気にしています、葉力です。


      本格的に仕事が始まって、
      毎日アワアワとしながらも
      楽しく過ごしています。

      弊社は職業柄、窓がない仕様なので
      季節感も天候もまったく御構い無しで
      1日1日と過ぎていきます。

      気づいたら肌寒くて、
      慌てて秋服を引っ張り出しました。
      衣替えをしなければ……
      そう思っているうちに、
      きっと冬へと変わっているのだろうな。

      ぼんやりしているうちに、
      会社では見習い社員から
      正社員へ昇格しました。
      Check
      | 独言 | comments(0) | - | -
      耳かき屋さんとか信じられない。
      0
        耳かきは至福のときと言うが、
        私は苦手だ。

        だって耳かきすると、
        気持ちいいどころか咳が出る。
        ひどい時には吐き気がする。
        「オェッ」ってなる。「オェッ」って。
        なぜみんなはそれが気持ちいいのか?

        と思っていたが、
        どうやらみんなは
        そうではないらしい。

        調べたところ、
        耳かきをすると咳が出る人というのは
        全体の2割の『マイナー』。
        通りで、同じ意見に出会わないはずだ。

        しかし、本当に最近まで
        「耳かきをすると咳が出る」自分が
        マイナーなのだとは気付かなかった。

        耳かきというのは、
        かなり無防備な行動で
        よほど密な関係でなければ
        他人の耳かき姿を
        見ることはできないから、
        なかなか気づくことができない。

        そして、そんな無防備な姿を
        見せてくれる家族。
        そんな家族、私にとっては両親が
        2人そろってこのタイプなのである。

        うちの家族のリラックスタイムは
        みんな耳をかきかき、そして咳き込み、
        時折「オェッ」と言っている。

        これが私にとっての普通。

        まさかこの光景がマイナーだったとは。

        そして言うなれば私は純血種。
        耳かき咳き込みの純血種なのだ。
        誇りを持って生きていきたい。
        Check
        | 独言 | comments(0) | - | -
        池袋に行ってみたくなる。
        0
          脈絡なくいろいろ書こう。

          ***

          ちょっと前の話になりますが、
          アニメ「デュラララ!!」にハマっていました。

          会社のアニメ好きの同期と話してて、
          デュラララ2期面白かったですよね!!
          って言い合っていたときのことです。
          (ネタバレ配慮して、一部ぼかしてます)

          同期
          「でもあのラストは衝撃でした」


          「まさかあの人がやられるとは……
          3期で死んだか生きてるかわかるんでしょうけど」

          同期
          「3期いつですかね」


          「えっ、もう最終回のときに
          『×3』の予告でてましたよ」

          同期
          「えっ」

          同期ちゃんは
          アニマックスで見ていたのですが
          アニマックスって字幕系
          全部消えてるんですってね。

          あの衝撃のラストシーンのときに
          予告字幕が出てたんですけど
          彼女からしたら
          ただあの人がやられて終わり
          なラストだと思っていたそうです。

          「トンデモ展開すぎるなーとは思った」
          とのことですが、
          これってDVD派の人も
          同じ現象が起きてるんでしょうか。
          気になる。

          ***

          私はイザヤが好きです。

          「駒がゴミのようだ!」のところと
          携帯を高笑いしながら踏みつけるシーンで
          胸がときめきました!!

          あとは鍋パをハブラれてるときは
          私が指差して高笑いしました。
          イザヤのことが好きですけど
          この人はできるだけ
          痛い目にあってほしいな
          とも思っていますね。

          双子の妹の登場で、
          あ、この人も人の子なんだなとも。
          割とちゃんとお兄ちゃんしててかわいい。
          あとこの双子、いまだにどっちがどっちか
          覚えられていません。

          ***

          デュラララはOPがかっこいい。
          特に2期の『HEADHUNT』が好きです。
          というか、最近
          OKAMOTO'Sが好き!
          このバンドのリズムの取り方が好きです。
          詳しい用語とか知らないので
          どこがどういいのか説明できないですけど。

          Check
          | 独言 | comments(0) | - | -
          辛い選択と、死ぬということ。
          0
            ハロプロが大好き。
            メンバーも好きだけれど、
            何よりつんくさんの作る楽曲が好き。

            先日、つんくさんが咽頭ガンのため
            声帯切除したと発表があった。
            現在、声を失っているつんくさん。

            つんくさんって今は歌手業やってるの?
            と思う人も多いのかもしれないけど
            つんくさんは自身が作っている曲の
            仮歌はかならず自分がうたうことで
            細かいニュアンスまでこだわって作り、
            それをハロプロメンバーに渡していた。
            レコーディングのときにも立ち会って
            やっぱり自ら歌って見せることで
            リズムの取り方や歌詞の発音を示していた。

            去年頃からハロプロのリリース感覚が鈍り
            出てくる曲もつんく作詞作曲というのが
            がくんと減っていたことから
            なんだかおかしいな?と感じていた。
            その矢先の発表だった。

            よかった。
            生きててくれて。
            生き延びる方を選んでくれて。

            歌えなくなったのかもしれない。
            歌手やプロデュース業には影響が出るのかもしれない。
            なによりこの状況で一番辛いのは
            つんくさんだとも思う。

            でも生きててくれてよかった。

            一時期、姿すら見せなくなって
            ハロプロメンバーも不自然なほど
            つんくさんの話題をしなくなって
            正直、死んじゃうのかと思った。
            だから、生きててくれてよかった。

            たとえ歌えなくなって
            新しい曲もできなくなっても
            生きててくれるだけでファンは幸せです。
            過去に作ったつんくさんの曲は消えないから。
            もしも死んでしまったら、
            その曲も楽しく聴けないのだから。

            実際は、声を出すことを諦めていないそうで
            食道発声法という方法での
            発声の訓練をしているそうです。

            難しいのだと思う。
            でもつんくさんが諦めていないなら
            そこに道はある。

            そう、つんくさんの今までの曲に書いてある。

            つんくさんの曲の何が好きって
            結局最後は前向きで、
            地球上のすべての事柄を愛しているからです。
            悲しいことがあっても、
            辛いことがあっても
            「ここが踏ん張りどころよ」と
            前向きに生きていく女の子を描いている。

            だから、つんくさんがこの選択をしたのは
            つんくさんらしいし、
            訓練についてもつんくさんなら
            やりぬくんだろうなと信じています。

            つんくさんの気持ちはつんくさんにしかわからない。
            本当は死んだほうがマシなくらい
            辛い、と悩んだのかもしれない。

            でも生きていれば可能性が残る。
            それにかけてくれたのだろう。
            それだけで、ファンとして満たされる気持ちである。

            この結果を選んでくれて
            本当に嬉しい。
            ありがとうございます。


            **

            それと同時期に、
            漫画「妖狐×僕 SS」(通称「いぬぼく」)の作者である
            藤原ここあ先生が息を引き取ったそうだ。
            私はこの「いぬぼく」以外は読めていなかったから
            ここで熱く語るのはおこがましいのだろう。

            それでも、とても悲しい。

            病死としか現段階では公表されていないが
            なんにせよ30歳すぎという早すぎる死である。

            現在連載中の作品は
            物語の途中で最終回となった。

            このまま一生、
            本当の結末を見ることは
            出来ないのだろう。

            死ぬとは、そういうことなのだ。


            だから、やっぱり生きていて欲しいと思う。
            私の好きな人全員に、
            できるだけ長く。
            Check
            | 独言 | comments(0) | - | -
            LOHACO(ロハコ)が便利という話。
            0
              Yahooとアスクルが共同運営している「LOHACO(ロハコ)」という通販サイトが便利。

              まず、送料無料になる買い物金額が安い。1900円以上で送料が無料になる。後述するけど、品揃えが幅広いので「買っとかなきゃ」というものだけで簡単に2000円くらい到達する。

              アスクルと同じで、まとめ買いだとさらに値下がり。もともと平均的なドラッグストアと同じくらいの値段設定。普通のスーパーより少し安い(そうでないものも当然あるのでそのあたりは自分で判断が必要)。同じものをずっと使っている、あるいはこだわりがないから別にどれでもいいものならまとめ買いセットで買えばそこらへんのドラッグストアよりも安く買える。まとめ買い、と言っても個人向けの通販なので、例えばシャンプーなら2個セット。おむつだと消費が早いからかな、4パック。たぶん、常識的な買いだめレベルのまとめ買いで、お安く手に入ることが多い。

              YahooのIDが使える。これのおかげで、買い物カゴの中身が1ヶ月くらいは悠に保存される。だから、「あれソロソロ買っとかなきゃなー」って思ったらちょこちょこと買い物カゴに入れておく。そんで、送料無料になり次第注文を確定させれば、買い忘れがない! 私は一番これがありがたい。すぐ忘れるので。

              あとはやっぱり、アスクルの強み。発送手続きが早い。本当に次の日には届く。もちろん、希望日時に変更も出来るので安心。注文ボタン押したあとの確認画面で変更すればいい。

              ロハコモール、という名前で成城石井や無印、伊勢丹も入っている。ほとんどが値下げされていないけど、それぞれの公式サイトで送料無料にするためにそんなに必要ないものを買ったり送料を支払ったりしなくて済む。

              全体の品数はAmazonに負けるしAmazonは大体送料無料だけど、一個ずつ見ていくと大体ロハコの方が安い。ただ、Amazon定期お届け便に指定するとロハコよりAmazonの方が安いこともあるので私は両方見て定期お届け便がなければロハコで買ってる。定期お届け便も何が基準なのか、何でも適用できるわけじゃないしね。

              そしてTポイントが貯まる。あのTポイント。だから、加盟店ならリアル店舗で貯まった分を使えるし、当然ロハコで値引きにも使える。

              ただ、支払いがクレジットカードか代引きしかないので、不便な人もいるかもしれない。

              ロハコのアプリをiPhoneに入れて、ゴロゴロしながらお買い物してる。幅広い種類を扱っているのでわざわざ、ドラッグストア、スーパー、無印…って買いに回らなくていいのが本当助かる。時間は有効に使いたい。

              楽天ならもっと安いのかも、と思うけど、楽天市場で使いやすいサイト見たことないのであれで探して買い回るくらいなら見やすいロハコでいいやと思ってる。余談になるけど、楽天は苦手。見難さを追求しているとしか思えない……。

              有名サイトなのでもう既に利用している人も多いと思うけど、まだの人は是非。今ならはじめての方限定で送料無料クーポン配ってるよ!


              Check
              | 独言 | comments(0) | - | -
              コタツと私。
              0
                とうとうコタツを出してしまった。ここから動かない生活になってしまう。

                と懸念したものの、今までは寒くて布団に潜ってしまって、ぬくぬくと上がっていく体温に心地よくなり……気付いたら午前2時!とかやっていたので、それに比べたらずっとマシだと思う。
                Check
                | 独言 | comments(0) | - | -
                短くはっきりと!
                0
                  西尾維新が大好きで、
                  中学のころから高3くらいまで
                  新刊はすべて追い、
                  読み終われば何度も読み返すほどの
                  マニア(オタクかな)だった私。

                  今はそれほど一辺倒に愛している訳ではなく
                  他の作家やノンフィクションを読みつつ
                  時々楽しむ、程度になりました。

                  しかし、残された弊害がひとつ。

                  自分の書く文章が長い、回りくどい!

                  “西尾節”と呼ばれ、
                  西尾維新の作品の大きな魅力である
                  長く回りくどい文章。
                  読みすぎた結果、うつりました。

                  でもリズム良く、テンポ良くやれば
                  さほど問題ではない?

                  いえいえ、私はご存知の通り
                  理系の院生です。
                  研究結果の報告書を書く必要があります。
                  気をつけてはいても、
                  どうにも抜け切らないのか
                  教授に
                  「いちいち持って回った
                  表現をするな」と注意されたことも。

                  理系の文章は端的、明解に。
                  んー、難しいです。

                  理系ミステリと名高い
                  森博嗣の文章を読んでいたら
                  そのうち直るかしら。
                  Check
                  | 独言 | comments(0) | - | -
                  こだわり派は時として
                  0
                    こんにちは。
                    お気に入りの万年筆を家に忘れてがっかりしている葉力です。

                    インキをね、つめようと思いましてね、
                    持ってかえってインキを満タンにしてね、

                    置いてきてしまったんですよ。
                    ・・・・・・太字にするほどのことはありませんが
                    私のがっかり具合を強調したくて。

                    慣れちゃうともうボールペン使うのが悲しくなる。
                    でも今日はボールペンの日、です・・・・・・(うなだれる)


                    ***


                    朝のミルクコーヒー作りながら、
                    「私のこれ、コーヒー好きさんからしたら
                     『そんなんコーヒーじゃねぇし』
                     ってなるんだよなぁ。
                     でもこれおいしいんだからいいじゃないか
                     うるさいなぁ・・・・・・(仮想敵に苛立ち)」
                    などと1人で脳内喋りしていたのですが

                    はたと気付いた。

                    私がよく言っている
                    「漫画を読んで『本読んだ』
                     って言わないでほしいね!」
                    というやつも似たようなものかな・・・・・・

                    マニアというかこだわり派というか、
                    そういう人たちって
                    いちいち細かいことにうるさいですよね。
                    たまに行き過ぎちゃって嫌われる。

                    そう思ったら自己反省。
                    Check
                    | 独言 | comments(0) | - | -
                    ちょっと落ち着いてって言いたくなる。
                    0
                      この前の高速バスの事故。

                      亡くなった乗客の遺族が、血痕が残されたところに
                      すがりつくようにして泣いているのをテレビで見た。

                      つらい気持ちにもなったんだけれど、
                      それと同時に
                      同じように映像に撮ろうとしている
                      他局のカメラマンがたくさん映った。
                      泣いている人の顔のところへカメラを寄せて、なめるように。


                      三年前の大震災でも、
                      高い建物避難して水が引いてから降りられなくなって
                      救助のヘリを待っている人たちを
                      報道のヘリが撮影していく。
                      でもそんなの下からじゃわからないから
                      近づいてきた報道ヘリに一生懸命、手を振る。
                      ヘリに乗っている記者が
                      「我々にはどうすることもできません!」
                      と言っててむごすぎるなって当時思っていた。


                      報道ってなんだろうね。
                      伝えてくれないとわからないものも
                      たくさんあるので
                      なくなれ!!とは当然思わないのだけれど
                      でもちょっと行き過ぎていることも
                      多いのではないかなと感じる日々。
                      Check
                      | 独言 | comments(0) | - | -
                      きねんすべき日
                      0
                        あっ!
                        3月6日のブログ開設日のこと忘れてた!
                        正確には、覚えていたのだけれど書くのを忘れていた。

                        そんなの、一緒か。


                        もう何周年?
                        中学3年のときのことなので、15歳か。
                        そんで今24歳だから、わお。9年。
                        10年目に突入してしまった。

                        だいたいこのクソ忙しい時期に
                        ブログ開設する私の
                        きちがいっぷりと言ったら、
                        うん、今と変わらずですね。


                        例えばブログ作ってすぐの頃とは
                        扱うテーマが大きく変わってしまったところもあったり

                        私自身も成長とともに変わってしまったところもあるのですけれど

                        なくしていないものも
                        たぶん、あるはず。

                        記念すべき日を忘れてごめんね、昔の私。

                        ***

                        3年前の今日のあと4時間後。

                        信じられないことが起きました。
                        私は西日本にいたので、驚くほど何もなくて
                        それがまた信じられなかった理由で。

                        それでも、自分が過ごしてきた環境と
                        さほど違わない風景が壊れて
                        水にのまれている光景は
                        心に来るものがありました。

                        たくさんの人が、なくなりました。

                        あのときコメントで会話を交わした
                        あの子もあの人も
                        被害にあっていたらどうしよう、
                        と思いました。

                        いまは交流がないだけで、
                        元気であることを静かに願っています。
                        ただ、私に飽きただけでありますように!

                        インターネットのつながりは弱く、
                        脆いですね。
                        せっかく仲良くなれたとおもったのに
                        こんなときに安否の確認すらできやしない。

                        私が落ち込んだとき。
                        私が嬉しいとき。
                        一緒に気持ちを共有してくれた
                        あの人たちが生きていますように。
                        私はあの日からずっと願っています。

                        祈念すべき日を一生忘れない。
                        Check
                        | 独言 | comments(0) | - | -
                        << | 2/55PAGES | >>